キトー君で本当に真性包茎を治せるのか検証をしてみた!

 

 

キトー君は真性包茎を治療出来るグッズとして、今包茎男子の間で非常に注目を集めています。操作方法も至って簡単で、テレビを見ながら、家でのくつろぎタイムなどキトー君さえあればいつでもどこでも手軽に行なえるところが人気の秘訣のようです。

 

ネットの口コミを見ていても、「穴が以前よりも広がった!」「彼女によく頑張ったね!と褒められた」なんて良い口コミばかりが目立ちますが、果たして本当に効果があるんでしょうか。

 

今回、サイト読者の真性包茎の男性にご協力をお願いする事が出来ましたので、全貌をシェアしてみようと思います。

 

キトー君を使ってみたいけど本当に効果あるのかな...と少しでも不安に感じている方、このページを是非最後まで読んで行ってください。

 

 

そもそも真性包茎ってどんな状態?

 

真性包茎とは、亀頭が完全に皮で覆われてしまっている状態を指します。通常は勃起をすれば皮が問題無く剥けるのですが、真性包茎ですとどう頑張っても皮を剥く事が出来ません。

 

無理をすると皮膚が千切れてしまったり、酷い出血を起こしてしまう場合もあります。

 

かと言って、放置をしておくわけにもいきません。皮の内部は不衛生な環境にありますので、中で菌が繁殖してしまって強い匂いを放つようになります。

 

当然、パートナーとの性行為では気まずい思いをする事になるかと思います。

 

真性包茎なら包茎手術でも良いんじゃ?

 

真性包茎はパートナーと円滑な性生活を送って行くのであれば、治す必要がありますが、その方法の1つに包茎手術があります。

 

文字通り、手術によって皮を切除し、亀頭を露出させるといった手術になります。一見すると、手術で真性包茎が改善されるんだったら、キトー君なんか使わなくても手術を受ければ良いや!って思うかもしれません。

 

ですが、包茎手術には様々なリスクが付きまといます。

 

1.手術痕が残る場合がある

 

確かに包茎手術であれば、間違いなく包茎は改善されるでしょう。ですが、ペニスにメスを入れる訳ですので、当然ですが手術をしたのがパートナーにバレてしまうのが欠点であると言えるでしょう。

 

例えばあからさまな切り傷があったり、亀頭直下と竿の部分にグラデーションがあるなど、分かる人から見たら「あぁこの人元は真性包茎だったんだな」と勘付かれてしまいます。

 

特にグラデーションの痕は一生残り続けるものですので、誰かに真性包茎の手術をした事がバレたくない、という方は止めておいた方が良いでしょう。

 

2.手術費用が高額

 

包茎手術は基本的には日帰りで行えるため、入院費などは一切かかりません。ただ、問題なのは手術費用です。

 

例えばAと言うクリニックでは、真性包茎を治すだけの手術で5万円、見栄えをよくするための手術をするとそこから追加で10万円近く請求される場合もあります。いくら包茎が治せるとは言え、傷口が残るリスク+高額な費用は割りに合わないですよね。

 

財産に余裕があれば手術痕にも配慮した包茎手術を受けても良いかと思いますが、包茎手術を受ける前に治せる術があるのでしたら、私個人としては先にそちらを試してみるのが良いような気もします。

 

キトー君は包茎手術よりも手軽に始められる

 

 

では、この記事のメインタイトルでもあるキトー君であればどうでしょうか?

 

 

1.傷口が残る可能性は極めて低い

 

キトー君の使い方は簡単。亀頭を覆っている包皮の先端にキトー君をあてがい、グリップを握って穴を広げていくだけ。

 

原理としましては、少しずつ外部の力を利用する事で、穴を少しずつゆっくりと広げていこうというもの。メスを入れる訳ではありませんので、当然傷痕は残らないのがメリットであると言えます。

 

2.比較的安価な費用から始められる

 

包茎手術は最低でも5万円以上がかかりますし、綺麗に手術痕無く終えられる保証はありません。その一方でキトー君であれば、1本およそ1万円ちょっとから始める事が出来ます。

 

これが包茎手術ではなく、キトー君で真性包茎を治そうとする人が圧倒的に多い1番の理由であるように思います。

 

だって、たった1万円で真性包茎の穴が広がって亀頭が出ればそれで言い訳ですからね。

 

確かにズル剥けではなく、いわゆる仮性包茎の状態にするのがキトー君の役割です。仮性包茎は日本人の7割がそうだと言われている一方で、真性包茎は2%にも満たないとされています。

 

2%から70%になるためにたった1万円で良いと言うのもあり、包茎手術よりもキトー君を先に治療として始める方が圧倒的に多いんです。

 

真性包茎が治るまでに時間がかかるのがキトー君の欠点

 

ただ、傷口が目立たず安価で始められるメリットがある一方で、キトー君にはデメリットも存在します。それが「すぐには真性包茎は治らない」ということ。それが唯一包茎手術に劣る部分ですね。

 

皮を伸ばしながら亀頭が出るまで穴を広げる作業は、たった1日や1週間頑張っただけでは終わらないのが現実です。

 

キトー君を使って効果を実感し始めた人にアンケートを取ってみた所、8割が1カ月使い始めて包皮の穴が大きくなったとの事でした。

 

時間はかかってしまうものの、少しでも効果を実感出来れば後はゴールに向かって突き進むだけです。一度広がった穴は元のように狭まる事はありませんので、少しずつ少しずつ広げて亀頭が全部出る事を目標に後は頑張り続けるだけ。

 

根気強く真性包茎を治していきたい、という方にキトー君は向いていると言えるでしょう。

 

キトー君愛用者に体験談を聞いてきました!

 

さて、ここからは実際にキトー君を使用した方にご協力頂いて体験談を聞いてきましたのでシェアします。

 

1日後、1週間後、1か月後、3カ月後に分けて書いて貰いました。

 

1日後

 

特に変化は無し。今まで指を使って穴を広げてみてはいたけれど、キトー君みたいな本格的なグッズを使ったのは初めてで、皮膚を引っ張った後の痛みはそれなりに続きました。

 

1日経っても前日とあまり変わってはいないようです。

 

1週間後

 

だいぶキトー君の使い方にも慣れてきて、毎日お風呂上りに1時間youtubeを見ながらキトー君頑張ってます!

 

1日後と比べたら穴は結構大きくなってきた気がします。同じだけ引っ張っても1日後と1週間後では全然痛みが違います。

 

尿道周りの亀頭も見えるようになってきて、キトー君を使うモチベーションが高いです。

 

1カ月後

 

かなり穴が広がってきました。正直最初はこんな胡散臭い商品で真性包茎なんか...と思ってましたが舐めてました。キトー君凄いです。

 

既に亀頭の3割ぐらいひょっこり顔を出してき始めてて、いよいよ長かったキトー君生活もゴールが見えてきているんだと思うと何だか感慨深いです。

 

せっかくここまで来たんですから、このまま行けるとこまで突っ走っちゃいたいと思います!

 

3カ月後

 

ついにキトー君を毎日使い続けて3カ月。結果はと言うと、亀頭が露出出来て大満足!

 

まだそれなりにグイって引っ張らないと亀頭は出ない仮性包茎ですが、それでも最初の完全に皮を被っていた状態と比べると「ここまで変わるとは...」と自分のペニスでありながら恐怖すら覚えました。(笑)

 

もうちょっと使い続けて、楽にめくれるようになるのが目標です。これで何とか風俗とか言っても恥をかかなくて済みそうです。(笑)

 

毎日諦めずに使い続けてきて良かった、ありがとうキトー君。

 

キトー君は真性包茎を治すのに効果アリ!

 

今回協力して頂いた男性は、このようにキトー君の効果に満足出来たようですね。

 

実際、あなたの周りの友人も、もしかしたら誰にも悩みを伝えていないだけで、真性包茎だったのかもしれません。それでこっそりキトー君で皮を伸ばし、何事も無かったかのように仮性包茎として生きているとしたら....。

 

キトー君の成功率は99%らしいですし、返金してくれるサービスもあるみたいですので、今すぐにでも真性包茎を改善させたいと言う方は買ってみる価値はありそうです。

ページの先頭へ戻る