キトー君なら学生でも家族にバレずに包茎治療が出来ます!

 

 

友達のおちんちんと自分のおちんちん、見比べてみると何だか形が違う。友人のは大人のように剥けているのに、自分のはいつまで経っても皮を被った包茎のまま。そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

実は、このように包茎である事にコンプレックスを抱えている学生さん(中学生・高校生)が急増しているんです。

 

小学生の頃はみんな皮を被った包茎でしたが、中学、高校に入学すると周りには皮を完全に身にまとっている真性包茎タイプはほとんどいなくなります。自分だけまるで少年のように皮を被ったおちんちんだと、コンプレックスで憂鬱になってしまう学生さんも少なくありません。

 

何とかして学生さんが包茎治す方法はないのでしょうか?

 

【合わせて読みたい!】

 

真性包茎の治し方を知る

 

 

包茎の種類についておさらい!

 

一言で包茎と言っても、真性包茎、カントン包茎、仮性包茎の3種類の包茎があります。まずは、自分のおちんちんがどのタイプの包茎であるのか把握しておくところから始めて行きましょう。詳しくは、包茎の種類のページで解説をしていますので、より詳しく知りたい方はまずはこちらをご覧ください。

 

結論から言ってしまえば、日本人の7割がそうだとされている「仮性包茎」であればほとんどの場合問題ありません。重度の仮性包茎であれば治療をする必要が出てきますが、毎日根元まで亀頭の手入れがきちんと出来ていれば大丈夫です。

 

重大なのは「カントン包茎」と「真性包茎」のこの2つ。これらの包茎に関しては、セックスに何らかの弊害が出てきてしまう他、匂いやカビなどの原因になる場合もあるため、早急に手術などの治療を行う必要があります。

 

⇒知っておきたい包茎の種類!

 

手術が1番確実に包茎を治せる

 

包茎を治すために最も確実な手段は、やはり手術になってくるでしょう。近所の泌尿器科で取り扱ってくれる他、上野クリニックのような大手包茎治療専門のクリニックで手術をしてもらえます。ほとんどのクリニックの場合、入院はせず手術当日に帰宅する事が出来るので、精神的・身体的な負担もかかりにくいのが特徴です。

 

早いところだと、来院から帰宅まで2時間足らずで終わってしまうところもあるほど。

 

痛みを減らすために麻酔こそしますが、気を失う全身手術ではなくおちんちんの周りにのみ作用する局所麻酔を打つので、体力的にも安心です。この包茎手術を受ければ、99%の方が包茎のコンプレックスから解消されていきます。

 

これで晴れて、男同士の付き合いで銭湯に行った場合や、彼女とのセックスで自信を持っておちんちんを見せつける事が出来るでしょう。ですが、学生の方が包茎手術を受けるとなると、いくつかの問題が出てきてしまうんです。

 

1.手術費用がかなり高額

 

包茎を治すための手術となりますので、費用はそれなりにかかってしまいます。

 

例えば、大手包茎治療専門クリニックである上野クリニックの場合、ナイロン糸による治療法が72,000円、吸収糸による治療法が100,000円となります。働いてお金を得ている社会人ですら払うのを躊躇う程の金額ですので、学生の方が包茎治療として手術を選ぶのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

 

これまで溜めてきたお年玉などを切り崩したり、コツコツ頑張ってきたバイト代を崩しても大丈夫、という方なら話しは別です。金銭的に不安が残るようであれば、両親に相談をして「どうしても包茎を治したい」熱い気持ちを伝えれば、金銭的な援助をしてくれるかもしれません。

 

2.手術を受けた事が家族にばれてしまう

 

貯金は100万円近くあるから、学生であっても金銭的な面は大丈夫、という方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方には第2の壁が立ちふさがります。それが「包茎手術を受ける事が両親にバレてしまう」問題。

 

お金はあるから1人でこっそりクリニックへ行って包茎を治してもらおう、とお考えであったとしても、包茎手術を受ける場合未成年の場合は保護者の同伴、または同意書が必要になってしまうので、どうあがこうが両親・兄弟にバレてしまいます。

 

思春期である皆さんにとって、おちんちんというデリケートな問題に対して、両親に知られたくない恥ずかしい気持ちが出てきてしまうのは当然のこと。お金と同時に羞恥心に対する問題が出てきてしまうのも、中学生・高校生の学生の皆さんが包茎手術を受ける上での障害となってくるんです。

 

大人になるまで包茎治療は出来ないの?

 

1番手っ取り早く確実なのが手術ですが、金銭的な問題や家族に知られてしまう問題があるため、包茎を治したいと思っている学生の皆さんも諦めてしまう場合が非常に多いんです。

 

確かに大人になり自分で自立さえしてしまえば、お金も月に20万近く稼げますし、包茎手術をした事が家族にバレるなんて事もありません。ですが、本当に大人になるまで我慢し続けなければならないのでしょうか。

 

私も楽しい青春時代を過ごしてきましたが、人生において青春は一度っきり。大人になってしまうと二度と今の楽しい時間は戻ってきません。そんな楽しい青春を「包茎」が原因で100%楽しめないのは勿体ないと私は考えています。

 

男同士でバカをしながら銭湯に行った時に自分だけ真性包茎、彼女とのセックスで真性包茎が理由で気まずい思いをしてしまう....あの時包茎を治していたらどれだけ良かったことか...と大人になってから後悔してももう遅いです。

 

家族にバレず包茎を治すならキトー君!

 

包茎手術をしなくても包茎を治す方法があればどれだけ良い事か..そんな事を考えた事はありませんか。実は、そんな包茎を治したい中学生・高校生の学生さん向けに開発された包茎治療グッズがあります。それが「キトー君」です。

 

キトー君は包茎を治すためだけに開発されたグッズで、家族にバレず、どこにも行かず、自室で1人で行える3拍子揃っているため、今包茎に悩んでいる学生さんにひそかに大流行している包茎治療グッズなんです。

 

...とはいえ、学校で友達と話している時に「キトー君」なんてワードは出ないですよね。それも当然、自分が包茎だなんてプライドが邪魔して話しのネタに出来ないですからね。いじられ役ならまだしも、子供みたいなおちんちんをした包茎なんてワード、出したら色んな意味で笑われてしまいます。

 

ただ、カミングアウトをしていないだけで、もしかしたらいつもバカみたいな会話しかしていない親友の「◯◯君」も、キトー君でこっそりと包茎を治そうと頑張っているかもしれませんよ。

 

キトー君は本当に家族にバレない?

 

中学生や高校生でも自宅で簡単に包茎治療が出来るキトー君ですが、本当に家族にバレないのでしょうか。

 

郵便局留めが出来る!

 

キトー君を自宅に届けられると、家族が受け取ってしまい中身を確認されてしまう場合があります。

 

もし過去に自分が外出している間に家族に勝手に荷物を開けられてしまった経験のある方は、郵便局留めを利用してみるのがおすすめです。郵便局留めとは、注文した商品を自宅で受け取らずに近くの郵便局に届けてもらい、自分で引き取りに行くというシステムです。

 

注文確認メールで指定した郵便局にいつ届くのかを知らせてくれるので、その日に1人で受け取りに行けば家族にバレる事もありません。この場合、キトー君の代金は郵便局の窓口で支払います。

 

発送伝票の表記

 

宅配業者から荷物を受け取る時、段ボールに商品名が書かれている場合がありますよね。例えば本だったら本の名前が書かれてあったり、お菓子だったら「ポテトチップス」などと書かれています。じゃあキトー君の場合は段ボールに「キトー君」と書かれているの?と不安になってしまうかと思いますが、その心配は一切ありません。

 

キトー君を注文した場合、品名は「工具」とのみ書かれており、発送元は製造元のツルマキではなく、個人名が記載されていますので、間違って家族の誰かが受け取った場合でもキトー君である事はバレる事はないです。

 

後は、自室の誰にも見つからない場所に隠しておけば、人知れず自宅で包茎治療に勤しめるわけです。みんなが寝静まった深夜でも良いですし、逆に早起きをしてみんなが起き出す前に、或いは学校から帰宅後の誰もいない自宅で包茎治療をするのも良いかと思います。

 

キトー君のより詳しい詳細はこちら!

 

まずはキトー君から。それでもダメなら包茎手術も視野に

 

真性包茎の学生の場合、手術はハードルが高いです。その一方でキトー君であれば12,800円と決して安い値段ではないですが、包茎手術に比べれば圧倒的価格で治療が出来る事、家族にも知られる事無く1人で解決出来る点から、真性包茎の方に爆発的人気を集めている商品となります。

 

キトー君での成功率は驚異の99%以上、もし結果に満足出来なければ返金制度も利用出来、手元にお金も戻ってきます。どうしても真性包茎を何とかしたいとお考えであれば、まずはキトー君からスタートしてみると良いかもしれませんね。

 

ページの先頭へ戻る