ペニスが蒸れやすい時期になってきました!

 

梅雨も終盤に差し掛かり、いよいよ夏本番が迎えようとしています。皆さんはこの夏はどこに遊びに行くのでしょうか!海、プール、キャンプにバーベキューなど、やりたい事が山のようにある方も多いかと思います。

 

しかし、梅雨〜夏本番のこの時期は気温だけでなく湿度も高く、それに伴い股間(ペニス)も汗で蒸れてしまいがちです。特に包茎の男性ですと、亀頭が常に皮で覆われている状態になりますので、匂いを発してしまったり痒みの原因になる場合もあります。

 

せっかくの楽しいイベントも、股間の蒸れが気になってしまうようであれば楽しさも半減してしまうものです。このページでは、いやーな股間の蒸れ対策についてご紹介をして行きます。

 

 

下着の着替えを持参する

 

冷房器具がかかっていない外ですと、汗を大量にかくことが考えられます。顔や手足であれば汗をかいてもタオルやハンカチで拭き取れますが、股間の場合はなかなかそうはいきませんよね。

 

汗をかくと下着に染み込んで股間内の湿度は高くなってしまいます。外出をする際には下着の着替えを2〜3枚持っていくようにし、汗をかいて蒸れてしまう前に適度に着替えて行くと良いでしょう。

 

汗っかきの方であれば4〜5枚持っておけばより安心出来ますね。

 

風通しの良いズボンを履く

 

股間回りは下着やズボンで覆われているため蒸れてしまいます。

 

暑いですので夏場にジーンズなどを履く方は少ないかと思いますが、少しでも蒸れを軽減するために、出来るだけ風通しの良い下着やズボンを着用するようにしたいですね。

 

ピチピチのサイズのものよりかは、気持ちほんの少しだけ大きめのものを選ぶと、股間回りにもいくらかの余裕が出来ます。

 

デリケアエムズを常備しておく

 

股間が蒸れてしまうのは人間である以上仕方がありません。蒸れてしまい痒みが出てきてしまったようであれば、薬局などに売られているデリケアエムズなどの医薬品を塗ってみましょう。

 

私自身もかなりお世話になっているアイテムで、塗った瞬間から冷却効果が出て痒みがスーッと引いていきます。

 

ぼりぼり掻きむしってしまうと皮膚がただれてしまうだけでなく、ただれた部位から菌が侵入して膿んでしまう場合もあります。

 

掻くと一時的には痒みは治まりますが、根本から治していきたいのであればデリケアエムズがおすすめです。

 

包茎手術を受けてみる

 

包茎ではない露茎の方には関係の無い話しですが、包茎の方であれば包茎手術を受けてみるのも良いかと思います。

 

亀頭が常に露出をしている事で蒸れが抑えられ、亀頭の蒸れた嫌な匂いを予防する事が出来ます。

 

料金こそそれなりにかかってしまいますが、包茎手術を受けた方の口コミを見てみると、「スッキリした」「早漏が改善された」「手入れが楽になった」と言った声があがっているようです。

 

興味がある方は暑い夏本番を迎える前に、各クリニックにカウンセリングで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

⇒おすすめの包茎クリニックはどこ?

 

ペニスが蒸れやすい時期になってきました!のまとめ

 

今年の夏も例年通りかなり気温が高くなる事が予想されています。股間が蒸れやすい方はしっかりと対策をして、2019年の夏を最高にエンジョイしちゃいましょう!

ページの先頭へ戻る